2007年11月23日

損保ジャパンが急落、米サブプライムローン関連の保険料支払いリスクが嫌気(21日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071121-00000009-tcb-biz

損保ジャパンが一時、

前日比193円(16.16%)安の1001円まで下落して、
東証1部値下がり率ランキングで首位となる大幅安となった。

また、年初来最安値も9月18日以来、約2ヶ月ぶりに更新。(テクノバーン)

同社が前日20日に発表した2007年9月中間期の連結決算は

経常利益が前年同期比40.3%増の808億円で、
当期純利益は同84.6%増の520億円になるなど、

好決算発表となったが、
米サブプライムローン関連の保証保険が2400億円あり、
サブプライムローンの状況次第では最大300億円の保険料の支払いが生じる
可能性があることが明らかになったことが懸念材料視された。


posted by マッサ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。