2007年11月24日

鉄筋強度不足マンション、8〜9階部分解体してやり直しへ(20日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000101-yom-soci

大手ゼネコンの竹中工務店(大阪市)が
東京都内に建設中の27階建て超高層マンション(高さ約94メートル)の8階部分で、

強度の劣る鉄筋が使用されていたとして、
同社が8〜9階部分を解体して工事をやり直すことが19日、わかった。(読売新聞)


posted by マッサ at 04:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『て』:テレビで報道中大手ゼネコンのマンション
Excerpt: 大手ゼネコン「竹中工務店」(大阪市中央区)が東京都港区東麻布に建設中の賃貸マンション(27階建て、高さ約94メートル)で、8、9階部分に設計より2割ほど強度が低い鉄筋を通したはりを使っていたこ..
Weblog: 街中の土木工事~マル秘情報~
Tracked: 2007-11-26 06:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。