2007年11月28日

アブダビ投資庁が米シティに出資=総額8000億円

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071127-00000077-jij-int

米銀最大手シティグループは26日、

アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ投資庁(ADIA)に対し、
普通株に転換される株式持ち分証券を、
総額75億ドル(約8000億円)で売却することで合意したと発表した。

低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローン問題がらみで
評価損拡大観測に揺れるシティにとって、資本増強策の一環となる。

発表によると、
ADIAの合計持ち株比率はシティの発行済み株式の4.9%以下にとどまる。

ADIAがそれ以上の株式を保有せず、
役員指名などシティの経営上いかなる役割も果たさないことなどでも双方が合意した。
(時事通信)


posted by マッサ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。