2007年12月02日

期限切れトマトも マクドナルド 表示偽装6年前から(11月30日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071130-00000100-san-ind

日本マクドナルド(東京都新宿区)の都内の4店舗が
サラダ調理日を改竄(かいざん)していた問題で、

原田泳幸会長は29日、記者会見して、
ハンバーガーに入っているスライストマトやソフトクリーム類の材料に
賞味期限切れのものが使われていることを明らかにした。

シェイクは平成7年ごろから賞味期限切れの材料を使っていた可能性があるという。

また、売れ残ったサラダの表示張り替えは、
3店が平成13年12月から、1店は14年7月から、ほぼ毎日行われていた。

不正があったのは、早稲田▽大塚駅前▽新大塚▽本郷3丁目−の4店。
フランチャイズ会社の「アスリート」が運営している。(産経新聞)


posted by マッサ at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。