2007年12月06日

南アの鉱山労働者、安全基準改善求めスト


南アフリカのヨハネスブルクで4日、

利益至上主義の経営者によって生命の危険にさらされているとして、
鉱山労働者が安全基準の改善を求めてストライキを決行し、大規模な抗議デモを行った。

全国鉱山労働者組合(NUM)によるストは、アパルトヘイト終結後今回が初めて。

このストにより全国の鉱山で生産に影響が出ており、
通常の5%の作業員しか業務に従事していない鉱山もあるという。


posted by マッサ at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。