2007年12月07日

ECB、政策金利据え置き、経済成長見通しは修正


欧州中央銀行(ECB)は6日、政策金利を4.0%に据え置くことを決めた。

インフレと景気の失速に直面し、慎重な対応を迫られたとアナリストらは分析する。

一方、ロンドンでは
イングランド銀行が低迷する住宅市場のさらなる悪化を防ぐため、
政策金利を0.25%引き下げ5.5%とした。


posted by マッサ at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。