2007年12月07日

対中円借款 最終463億円(11月9日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071109-00000068-san-pol

外務省は8日、

今年度の中国向け円借款の供与総額について
前年度比26%減の約463億円とする方針を決めた。

対象案件はすべて環境分野。

7年連続の削減で、ピークだった平成12年度の2144億円に比べ78%減となる。

高村正彦外相は記者団に
「かねて北京五輪までに円満終了させるということで一致していたが、
これが最後の対中円借款になる」と表明した。(産経新聞)


posted by マッサ at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。