2007年12月08日

米下院がエネルギー法案を可決、大統領は拒否権発動の構え


米議会下院は6日、

2020年までに乗用車や軽トラックなどの平均燃費基準を1ガロンあたり
35マイルまで引き上げる包括的なエネルギー法案を賛成235、反対181で可決した。

米政府は、法案は消費者にエネルギー増税を強いるものだと批判、
ジョージ・W・ブッシュ大統領が拒否権を発動する構えだ。


posted by マッサ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。