2007年12月09日

<脱税疑惑>大分のコンサル会社、所得30億円申告せず

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071209-00000011-mai-soci

「キヤノン」の大規模プロジェクトを巡り、
大分市のコンサルタント会社「大光」(大賀規久社長)が

法人税法違反(脱税)などの疑いで東京国税局査察部の強制調査(査察)を受け、
大手ゼネコン「鹿島」からの裏金や仲介手数料約30億円を申告していないことが分かった。

鹿島も任意の税務調査で数億円の所得隠しを指摘されたとみられる。(毎日新聞)

プロジェクトは投資額約1000億円に及んでおり、
同国税局は大手ゼネコンなどを巻き込んだ巨額の資金の流れについて解明を進めている。


posted by マッサ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。