2007年12月11日

回線パンク状態 薬害肝炎の電話相談スタート(11月15日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071115-00000910-san-soci

薬害肝炎が社会問題化したことを受け、厚生労働省は15日から、

通話料無料のフリーダイヤルで汚染血液製剤「フィブリノゲン」についての
電話相談の受付を開始した。

午前9時半の開始と同時に電話は鳴りっぱなしになり、つながりにくい状態が続いている。

電話は20回線用意したが、応対する職員は11人のみ。

「これ以上、職員のやりくりがつかない」(血液対策課)と弁解しており、
回線のパンク状態が長引けば社会保険庁の「ねんきんあんしんダイヤル」同様、
批判が集まりそうだ。(産経新聞)


posted by マッサ at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。