2007年12月13日

三菱UFJなど3行、米サブプライム基金で協力要請

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071212-00000951-san-bus_all

米国の低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)問題に伴う
信用収縮対策として米大手金融機関が設立を進める共同基金に対し、

三菱UFJフィナンシャル・グループなど日本の3メガバンクグループが
金融面などで協力要請を受けていることが、
12日わかった。

基金に対する融資枠の設定や信用補完などで協力する案が有力になっている。

要請されたのは三菱UFJのほか、みずほフィナンシャルグループ(FG)と三井住友FGの
3社で、融資枠の規模などは未定。

基金への出資は見送られる見通しだ。(産経新聞)


posted by マッサ at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。