2007年12月14日

日光宇都宮道路 逆走防止装置を設置(11月28日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000079-san-l09

東日本で初(産経新聞)

高速道路で重大事故につながる逆走を防止するための装置が今月、
東日本で初めて栃木県の日光宇都宮道路に導入され、運用を始めた。

「逆走防止装置」は県警高速隊と県道路公社が、
日光宇都宮道路今市インターチェンジ(IC)の下り線に設置され、
公社が管理している。

間隔約5メートルの2つのセンサーが、逆走してくる車両を感知し、
0・05秒で先の表示板に「止まれ!逆走」の赤色の電光表示をするとともに、
赤色灯が点灯、サイレンが13秒間鳴り続け、ドライバーに警告する。


posted by マッサ at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。