2007年12月14日

プーチン大統領の首相就任要請はシナリオ通り?


ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は12日、

次期首相就任の要請に沈黙を守った。

だが専門家らは、
いずれロシアの権力構造は逆転することになると指摘している。

専門家らによると、
プーチン大統領が首相に就任すれば、この数世紀で初めて、
事実上国家元首から内閣へ権力の中心が移行することになり、
ロシアの国家運営のあり方が劇的に変わることを意味するという。


posted by マッサ at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。