2007年12月14日

サルコジ仏大統領、戦争の危険性を警告


ニコラ・サルコジ仏大統領は、
13日発売予定の「Le Nouvel Observateur」誌のインタビューで、

「イスラエルがイランの核開発を安全保障上の問題であると真剣に考えているならば、
戦争勃発の危険がある」と警告した。

イランのマハムード・アフマディネジャド大統領が

ユダヤ人国家を地図上から消し去ると繰り返し発言したことで、
イスラエルはイランを最大の敵国とみなしている。


posted by マッサ at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。