2007年12月16日

ヒトの皮膚から万能細胞 京大チーム成功(11月21日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071121-00000069-san-soci

ヒトの皮膚細胞から、あらゆる細胞に分化できる「万能細胞」を作ることに、
京都大再生医科学研究所の山中伸弥教授らが初めて成功した。

ヒトの胚(はい)性幹細胞(ES細胞)とほぼ同等の能力があり、
受精卵を使わないため倫理的な問題も回避できる。

患者の皮膚から移植用の臓器を作れる可能性があり、
拒絶反応のない新たな再生医療の実現に道を開く画期的な成果だ。

20日の米科学誌「セル」(電子版)に発表した。(産経新聞)


posted by マッサ at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。