2007年12月16日

<iPS細胞>研究拠点を京都に 山中教授が文科省に要請(7日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071207-00000105-mai-soci

ヒトの皮膚細胞から万能細胞の「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を作成した
山中伸弥・京都大教授が7日、

渡海紀三朗文部科学相と岸田文雄科学技術担当相を訪問した。

再生医療の早期実現のため、
国内研究者が結集する幹細胞研究拠点を京都につくるよう要請した。(毎日新聞)

渡海文科相は
「オールジャパンの態勢を取るため議論を始める。全面的に支援したい」と述べた。


posted by マッサ at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。