2007年12月16日

米国連大使、スーダン政府「合同平和維持部隊の受け入れ妨害なら」新たな制裁も(15日)


米国のザルメイ・ハリルザド国連大使は13日、

スーダン政府に対し、
国連(UN)とアフリカ連合(AU)の合同平和維持部隊受け入れを強く求めた。

同大使は、
スーダンがこれ以上妨害を続けた場合、追加の制裁措置を取る可能性を強調した。


posted by マッサ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。