2007年12月18日

リビア、仏製ラファール戦闘機14機の購入で合意(11日)


フランスを訪問中のリビアの最高指導者ムアマル・カダフィ大佐と
ニコラ・サルコジ仏大統領は10日午後、

仏-リビア間のおよそ10の売買契約を締結した。

この中には、
仏製ラファール戦闘機14機とヘリコプター35機、その他装備品を含めた
総額45億ユーロ(約7400億円)となる武器購入計画も含まれている。

仏大統領関係者が10日、明らかにした。

リビアの武器購入計画の中には
ラファール戦闘機の他に、6隻の船舶や装甲車、対空レーダーなどの購入や、
すでに購入済みの最新型ミラージュF1戦闘機の納入などが含まれている。


posted by マッサ at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。