2007年12月18日

<福岡3児死亡>地裁が訴因追加命令 危険運転認定困難か

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071218-00000059-mai-soci

福岡市東区の「海の中道大橋」で06年8月に起きた3児死亡事故で、
危険運転致死傷と道交法違反(ひき逃げ)罪に問われた元市職員、
今林大(ふとし)被告(23)について、
福岡地裁(川口宰護裁判長)は18日、

福岡地検に対し、
危険運転致死傷罪より量刑の軽い業務上過失致死傷罪を
予備的な訴因として追加するよう命令した。

判決言い渡しは08年1月8日の予定だが、
求刑の懲役25年より軽い量刑となる公算が大きくなった。(毎日新聞)


posted by マッサ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。