2007年12月20日

プーチン大統領が不満表明、「米国はロシアを対等に扱っていない」


19日発売の米タイム誌の「今年の人」に選ばれた
ウラジーミル・プーチン露大統領が、

同誌の取材で「米国はロシアを対等に扱っていない」と不満を表明した。

モスクワで行われたインタビューでプーチン大統領は
「われわれは米国の友人でありたい」と話す一方、

「米国が必要としているのは命令を聞いてくれる追従者であり、
友人ではないという印象を受けることがある」と語った。


posted by マッサ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。