2007年12月21日

欧州連合農相理事会、ウオツカの定義拡大を承認へ(19日)


ベルギーの首都ブリュッセルで開かれていた
欧州連合(EU)加盟国農相理事会は17日、

ウオツカの原材料として、
伝統的に使用されている穀物やじゃがいも以外の使用を認めることで合意した。

「純粋なウオツカ」を生産するフィンランドやポーランドといった国々の経済に
大きな打撃となる可能性がある。

デンマーク、エストニア、フィンランド、ラトビア、
リトアニア、ポーランド、スウェーデンといった

ウオツカの主要生産国は、
穀類やじゃがいもを原材料とするスピリッツだけを
ウオツカと呼ぶという厳格な定義にこだわり続けてきた。


posted by マッサ at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。