2007年12月22日

ブッシュ大統領、外国政府ファンドの米金融株取得は「問題ない」


米国のジョージ・W・ブッシュ大統領は20日、

米国の銀行や証券会社の株式を外国資本が取得することについて、
「問題ではない」との姿勢を示した。

サブプライム問題をめぐって巨額損失をこうむった
米証券最大手モルガン・スタンレーが20日、

中国の政府系ファンド、中国投資有限責任公司(CIC)の
出資を受けると発表したばかり。


posted by マッサ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。