2007年12月22日

インド北東部の重要河川で大量死魚発生


インド北東部アッサム州の汚染管理当局は19日、

ブラフマプトラ川で死魚が大量発生した原因に関して調査を開始した。

北東部住民の生活を支えるブラフマプトラ川で、
1500匹を超える死魚が川に浮かんでいるのが見つかったのは今週に入ってから。

以来、
漁師らが有害化学物質を使用しているのではないかとの懸念が広まっている。


posted by マッサ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。