2007年12月22日

豪首相がバグダッドを電撃訪問、イラク駐留豪軍の来年6月撤退を表明


オーストラリアのケビン・ラッド首相は21日、
バグダッドを電撃訪問し、

イラクのヌーリ・マリキ首相と会談を行った。

ラッド首相はマリキ首相に対し、
イラクとの長期的な協力関係を約束したが、

同国に駐留中の豪軍については、来年6月に撤退すると強調した。


posted by マッサ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。