2007年12月22日

ユーロファイターが北欧2か国との交渉を延期


防衛機器大手ユーロファイターは21日、

ノルウェー、デンマーク両政府との戦闘機受注交渉を延期すると発表した。

両政府が、
米企業ロッキード・マーチンに便宜を図ったことが理由だと報じられている。

ノルウェーとデンマークは現有のF16戦闘機の後継として、

ユーロファイターのタイフーン、
ロッキード・マーチンのF35(JSF)、
スウェーデン製のグリペンの

いずれかを選定することにしている。

両国とも48機を調達する予定で、
金額は数十億ドル(約数千億円)に上る見通し。


posted by マッサ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。