2007年12月28日

地方交付税、3年ぶり増 08年度予算(19日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071219-00000008-fsi-bus_all

財政改革後退の印象(フジサンケイ ビジネスアイ)

額賀福志郎財務相は18日、

増田寛也総務相、渡海紀三朗文科相、舛添要一厚生労働相の3閣僚と
2008年度予算編成の事前協議を行い、

国から地方に回す地方交付税を3年ぶりに増額することなどで合意した。

焦点の1つだった
公立小中学校の教職員定数については1000人の純増が決まったほか、
医師の技術料に当たる診療報酬の「本体部分」も8年ぶりの引き上げで決着。

いずれも与党の歳出増圧力に押され、財政改革の後退を印象づける結果となった。


posted by マッサ at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。