2007年12月28日

大躍進した幹細胞研究、課題は安全性の向上


今年11月、日米それぞれの研究チームが、

ヒトの皮膚から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作ることに成功したと発表した。

さらに12月には別の研究チームが、
鎌状赤血球貧血症を患ったマウスの皮膚から作成したiPS細胞を使った
治療に成功したことを明らかにした。

これらは科学者たちが長年夢見てきた大発見で、生物学の分野では
「ライト兄弟の最初の飛行機」に匹敵するほどの大躍進だという。


posted by マッサ at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。