2007年12月28日

英国、タリバンと直接交渉との報道に賛否両論


アフガニスタンで国連(UN)の英国人高官や英情報機関員が

アフガニスタンの旧支配勢力のイスラム原理主義組織タリバンと
接触していたとする報道などが相次ぎ、

タリバンとの交渉には応じない姿勢を示していた
ゴードン・ブラウン英首相は難しい立場に立たされている。


posted by マッサ at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。