2007年12月29日

台湾総統候補の馬氏、横領問題で控訴審も無罪


台湾の高等法院(高裁)は28日、

台北市長時代の交際費不正支出で横領罪などに問われていた
最大野党国民党(KMT)の総裁候補、

馬英九前主席に対する控訴審で、
1審の無罪判決を支持し、検察側の控訴を棄却する判決を下した。


posted by マッサ at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。