2007年12月29日

バリ会議、「日本とカナダが進展の障害」と環境団体が警告(5日)


インドネシアのバリ島で14日まで開催されている
国連気候変動枠組条約(UNFCCC)第13回締約国会議(COP13)で、

環境保護団体などは5日、
先進国を対象とした拘束力のある温室効果ガス削減の数値目標から
日本とカナダが離脱する恐れがあると警告した。

「日本とカナダの姿勢が懸念される。
両者の提案は京都議定書の長所にまったく基づいていない」と、

米国環境トラストの
アンジェラ・レッドフォード・アンダーソン氏は指摘する。


posted by マッサ at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。