2007年12月29日

各国の外貨準備でドル離れ進む、代わってユーロが台頭


外貨準備でドル離れが世界的に進んでいる。

国際通貨基金(IMF)の28日の発表によると、

2007年第3四半期の各国の外貨準備高におけるドルの比率は
63.8%で、前期比1.2%、前年同期比2.7%減少した。

代わって上昇したのは
欧州連合(EU)加盟13か国が導入しているユーロで、
07年第3四半期は前期比0.9%、前年同期比2.0%増の26.4%だった。


posted by マッサ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。