2007年12月29日

元首相暗殺後のパキスタン、核兵器管理への脅威は低い


ベナジル・ブット元首相が暗殺されたパキスタン情勢が不安定化するなか
同国の保有する核兵器がイスラム武装勢力の手に渡るのではないかとの懸念が
出ていることについて、米国の専門家は28日、

その危険性はきわめて低いという見方を示した。

11月にペルベズ・ムシャラフ大統領が非常事態を宣言して以来、
パキスタンが保有する推計50発の核弾頭の警備状態が

世界的に注目されていたが、

27日にブット元首相の暗殺を受け改めて懸念が高まった。


posted by マッサ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。