2008年01月02日

インドネシア経済の光と影、児童労働


インドネシアはアジア金融危機の打撃から回復しつつある一方、

人口の半数以上が現在もなお1日当たり2ドル(約220円)以下での
生活を強いられている状態にある。


posted by マッサ at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。