2008年01月04日

原油価格5年で4倍、政情不安、急増するアジア需要


2日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で、
米国産標準油種(WTI)2月渡しが一時、

史上初めて1バレル100ドルに達し、原油価格は5年で4倍に跳ね上がった。

政情不安や急増するアジア需要に加え、
投資ファンドの参入などをアナリストは背景に挙げている。

また、
2日の外国為替相場で再び下落したドルも一因に挙げられる。

より強い通貨を扱う買い手にとって、原油が安くなるからだ。


posted by マッサ at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。