2008年01月07日

<めぐみさん拉致>ドキュメンタリー映画上映権買い取る(2007年12月26日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071226-00000041-mai-soci

政府の拉致問題対策本部が、

拉致被害者家族の苦難の歩みをテーマにした米国のドキュメンタリー映画
「めぐみ−引き裂かれた家族の30年−」(90分)の上映権を
5万米ドル(約575万円)で買い取っていたことが分かった。

「拉致を人権問題として理解してもらおう」との目的で
中学や高校にDVDで無料で貸し出している。

民間が制作した映画の上映権を政府が買い取るのは異例だ。(毎日新聞)


posted by マッサ at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。