2008年01月07日

<日銀>住宅投資減少に警戒感…決定会合の議事要旨公表(2007年12月26日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071226-00000137-mai-bus_all

日銀は26日、

11月12、13日に開いた金融政策決定会合の議事要旨を公表した。

会合では景気の先行きについて、
米低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題の影響に加えて、

改正建築基準法による審査厳格化などを背景に
住宅投資が落ち込んでいることに警戒感が示された。

複数の委員は
「住宅投資減少が長期化した場合、心理的な面も含めて
(マクロ経済全体に)影響が広がる」と懸念を表明した。(毎日新聞)


posted by マッサ at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。