2008年01月10日

ブット氏の死は自身の責任=パキスタン大統領が批判−米TV(6日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080106-00000009-jij-int

パキスタンのムシャラフ大統領は5日、
米CBSテレビとの単独インタビューで、

暗殺されたブット元首相は
移動中の車両上で屋根から顔を出したために命を落としたと述べ、
暗殺はそうした不注意な動作をした「ブット元首相1人の責任」だと主張した。

ムシャラフ大統領は
「彼女だけが責められるべきであって、ほかの誰も悪くない。
責任は彼女にある」とたたみ掛けた。(時事通信)


posted by マッサ at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。