2008年01月10日

<厚生年金>給与記録改ざんが発覚 社保事務所の関与も(6日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080106-00000013-mai-soci

会社員が加入する厚生年金の受給額に大きく影響する
「標準報酬月額」の記録に誤りが含まれている可能性が出ている。

全容は不明だが、
総務省の年金記録確認第三者委員会は07年末で、
報酬月額が不正に引き下げられたり消されたケースを7件確認した。

これとは別に、
東京都内の会社社長が毎日新聞の取材に、経営難の中で社員の報酬月額に
改ざんがあったことを認め、社会保険事務所の関与も証言した。(毎日新聞)


posted by マッサ at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。