2008年01月12日

「真の全員救済を」C型肝炎患者21世紀の会代表・尾上悦子さん

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080111-00000909-san-soci

薬害肝炎被害者を「全員一律」で救済する特別措置法が11日、成立した。

提訴から5年以上もの間、
責任を認めない国や製薬会社と闘ってきた原告らはその瞬間、歓喜に包まれたが、
不安な思いをぬぐい去れない患者もいる。

医師の投薬証明やカルテがないため原告になれず、
法案の救済対象からはずれる人たちだ。

そんな患者らでつくる「C型肝炎患者21世紀の会」
代表の尾上悦子さん(71)=京都市=は

「救われるのはひと握り。真の『全員救済』を実現してほしい」と訴えた。(産経新聞)


posted by マッサ at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。