2008年01月14日

イラク議会、スンニ・シーア派政党が連立へ


イラク議会のイスラム教スンニ、シーア派などの政党は13日、
同国の統一や、政府による原油管理の必要性を強調する協定に調印した。

協定に調印した中には、
ムクタダ・サドル師を支持するシーア派強硬派のサドル師派、
アヤド・アラウィ元暫定政府首相のイラク国民名簿、
スンニ派指導者サレハ・ムトラク氏の国民対話戦線などが含まれている。

調印した政党が予想通り連立を組めば、
定数275の議会で、100議席以上を占め、支配勢力になる。


posted by マッサ at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。