2008年01月14日

死んだ心臓を細胞注入で再生、ラットで成功 米ミネソタ大


米ミネソタ大の研究チームが、

死んだラットから取り出した心臓を拍動させることに成功したとする論文を
13日の英医学誌ネイチャー・メディスンの電子版に発表した。

研究成果が人間にも応用されると、ドナー(提供者)不足問題が解消され、
心臓移植を待つ患者数百万人の命が救われると見込まれる。


posted by マッサ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。