2008年01月26日

ソジェンは氷山の一角、英銀破たん招いた元トレーダー


仏銀大手ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)が24日、

1人のトレーダーの不正取引による49億ユーロ(約7600億円)の損失を発表したが、
これはトレーダーの不正行為が企業に巨額の損失をもたらす、ほんの一例に過ぎない。

1995年の英ベアリングス銀行、1998年の住友商事、
2002年のアライド・アイリッシュ・バンク。

いずれの事件でも、1人のトレーダーの不正取引が巨額の損失を発生させた。


チェック体制は強化されていない様ですね。


posted by マッサ at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。