2008年01月27日

武富士元会長の長男敗訴 課税取り消し訴訟控訴審 逆転判決「住所は都内」(24日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080124-00000061-san-soci

消費者金融大手「武富士」の故武井保雄会長と妻が、
平成11年に長男の俊樹氏(42)に贈与した外国法人の株に対する

約1330億円の追徴課税処分をめぐり、
俊樹氏が処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が23日、東京高裁であった。

柳田幸三裁判長は国に課税の取り消しを命じた1審東京地裁判決を取り消し、
課税を適法とする逆転判決を言い渡した。

俊樹氏側は上告する方針。(産経新聞)


消費者金融って儲かってたんですね。


posted by マッサ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。