2008年02月09日

東証が1株当たりの売買値段を小刻みに、今夏にシステム対応(1月29日)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080129/292365/

東京証券取引所を傘下に置く持ち株会社の東京証券取引所グループは
2008年1月29日、

今夏に1株当たりの売買値段(呼値)の単位を一部縮小し、
それに伴うシステム対応を実施すると発表した。(日経コンピュータ)


小刻みにしたら、システムへの負担が増えると思いますが、大丈夫なんでしょうか。

関連

東証の先物取引でシステム障害 終日停止に(8日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/83142659.html


ラベル:東証 システム
posted by マッサ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。