2008年03月04日

HSBCが2007年決算発表、評価損1兆7000億超


英銀行大手HSBCは3日、2007年決算を発表した。

米国の低所得者向け高金利型住宅融資(サブプライムローン)の市場崩壊と、
それに伴う世界的な金融引き締めの影響により、

170億ドル(約1兆7500億円)を上回る巨額の評価損を計上したものの、
アジア地域の好調などから純利益では過去最高益を更新した。

評価損は前年比63%増の172億4000万ドル(約1兆7700億円)を計上、
純利益は同21%増の191億3000万ドル(約1兆9700億円)と
過去最高益を更新した。


サブプライムローン特集52

これだけの損失を出して最高益とは・・・


posted by マッサ at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。