2008年03月15日

セコム、配線ミスで火災時に役立たず…横浜で3人死傷

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080315-00000030-yom-soci

今年1月に3人死傷の火災が起きた横浜市保土ヶ谷区のホテルで、

契約していた大手警備会社「セコム」(東京都渋谷区)の
オンライン火災監視サービスが工事ミスで作動していなかったことが15日、
分かった。

サービス開始から3年半、
関連機器が正常に作動するかの点検を一度も行っていなかった。

セコムが火災を知ったのは、近所の人が110番通報してから約5時間後。

「安心」を売りにするセコムの企業責任が問われそうだ。(読売新聞)


設置時のみならず3年以上、保守点検もしてなかったとは。
同じように作動してない物件がありそうですね。


ラベル:火災 横浜 セコム
posted by マッサ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。