2008年03月16日

チベット暴動、中国はダライ・ラマ派との「人民戦争」を宣言

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080316-00000467-reu-int

中国チベット自治区ラサで発生した
チベット仏教僧らによる大規模な暴動を受け、

中国の当局者らは、
チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の支持者らとの
「人民戦争」を戦うとの姿勢を強調した。

同暴動をめぐっては、数十人の死者が出ているとの情報もある。(ロイター)


「戦争」という言葉を使うとは、引く気は全く無いという事ですね。

関連

チベット暴動 米職員を拒否
http://www3.nhk.or.jp/news/2008/03/16/d20080316000117.html

チベット騒乱、亡命政府、国連に調査要請(15日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/89726212.html


posted by マッサ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。