2008年03月23日

ハッカー集団、グーグル使って脆弱サイト見つけるツールを公開(2月23日)


インターネットのハッカー集団Cult of the Dead Cow(cDc)は22日、

インターネット検索最大手グーグル(Google)を利用して、
セキュリティに不備があるサイトを見つけ出すツールを公開した。

無償でダウンロードできる「Goolag Scanner」で、
開発したのはハッカー名Johnny I Hack Stuffと名乗る人物。


ダウンロードして実行したら、感染しそうで怖いですね。

関連

日銀の内部資料がネット流出 Winny経由か(22日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/90601462.html


posted by マッサ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。