2008年03月26日

創価学会池田会長発言「庶民の王者」の意味不明(2007年4月13日)

http://www.j-cast.com/2007/04/13006876.html

創価学会の池田大作名誉会長が、
中国の温家宝首相と会談した際にした発言が波紋を呼んでいる。

「うれしいです。庶民の王者に会ってくださ・・・」という一節だが、

発言の語尾がはっきりしないため、さまざまな解釈、憶測が出ている。

「庶民の王者に会ってください」と
いったというのが公式解釈だが、これは意味不明。

ネット上では
「庶民の王者である私に(首相が)会ってくださって」嬉しいのだと解されている。

ANNニュースは「庶民の味方である私と」

池田名誉会長は2007年4月12日、
都内のホテルで温家宝首相と30分にわたり会談。(J−CASTニュース)


チベット特集24

よく判らないニュースですが、先の記事の関連で取り上げてみました。


posted by マッサ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。