2008年03月28日

新華社が「真相」配信 チベット騒乱(22日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080322-00000918-san-int

中国国営新華社通信は21日、チベット自治区ラサの騒乱に関し、

「3・14事件の真相」と題した長文の調査報告書を配信した。

騒乱のきっかけは、10日午後、
デプン寺で300人の僧侶が市街地への突入を企てたことだとしている。

10日からダライ集団が分裂活動を「遠隔操作」し、同集団と騒乱参加者は
電子メールで連絡を取り合い、DVDを配布して多くの人を扇動、
14日の大規模騒乱につながったとしている。(産経新聞)


チベット特集34

新華社は国務院直属の通信社なので、
中国共産党政府の公式見解と考えて良いようです。

関連

人民解放軍、チベットの僧院を包囲(14日)
http://www.afpbb.com/article/politics/2364481/2735600

チベット騒乱拡大前
http://yukimassa.seesaa.net/article/90459285.html


posted by マッサ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。